2013年 08月 07日

横須賀美術館

YOKOSUKA MUSEUM
OF
   A R T



... 目の前に東京湾が広がって、三方が緑に囲まれた 素敵な美術館だよ(。◕‿◕。)...

f0030202_20103457.jpg






f0030202_2012820.jpg


その言葉どおりの 横須賀美術館。。。横須賀美術館

山手線で「品川」まで行き、京浜急行に乗り換えて「堀ノ内」経由で「浦賀」駅に到着。
そこからバスで「観音崎」まで。
海岸沿いの国道16号線を歩いて5分ほどで横須賀美術館に着いた。

ウチを出て、2時間ちょいかかった! けっこう遠かったなぁ~





f0030202_20133369.jpg


展示している作品を観るよりも

この建物と周辺の景色を観たかったのが そもそもの目的でした。





f0030202_20145240.jpg








美術館に併設されている『谷内六郎館』
代表作の「週刊新潮の表紙絵」が1300余点を中心に
横須賀・鴨居にアトリエを構えた谷内六郎の様々な世界が紹介されています。
f0030202_20182067.jpg






(↑ の看板のウラ側)
f0030202_20261075.jpg


... あぁ、あの ほのぼのとした絵ね...

写真はありませんので、"観音崎の自然あれこれ"のサイトにある『谷内六郎館』を見てください。
皆さんも一度は目にしたことがあると思います。
抒情的で郷愁を誘うその絵は、見る者に安らぎを与えてくれます...





横須賀美術館には「レストラン アクアマーレ」というイタリアンレストランがあります。
アートを観たあとは、テラス席からの海の眺めもご馳走に、ゆっくりランチをと思っていたのだが
館内を観終わって店の前を通ったら、店内は満席!しかも行列もできていて.....
ひとり身ゆえに... あえなく断念(-.-)

このあと、『観音崎灯台』へ行って...

最寄りのバス停あたりにはこれといった食いもの屋もなく
結局、「浦賀駅」近くのセブンで『くるみパン』を買って車内で食べるはめに...^^;
このときオレの腕時計は、13:45。。。

最後は 締まらなかった半日観光の "アートと灯り"でしたヽ(´~`;






今、企画展では "日本の「妖怪」を追え!" が開催中でした。
北斎、国芳、水木しげるから現代アートまで

江戸時代の浮世絵から、近代の日本画や油彩画、そして現代美術まで
さまざまなカタチで表現された「妖怪」が語りかけてくれます^^
当然のことながら、館内の作品・観覧者の写真撮影は厳禁ですので
持ち帰ったパンフやチラシを載せております。(これも本当はダメなのかも^^;)


f0030202_20334036.jpg

◎葛飾北斎「百物語 お岩さん」
◆「東海道四谷怪談」の主人公・お岩さん。
立身と引きかえに夫に毒殺されたお岩さんの怨霊が
提灯に乗り移ったという設定です。







f0030202_20341827.jpg

◎歌川 国芳(うたがわ くによし)「相馬の古内裏」
◆平将門の娘とされ、妖術使いでも知られる滝夜叉姫が
源頼信の家臣・大宅太郎光国と戦う場面。姫の妖術に
よって現れた巨大な骸骨を大迫力で描いています。







f0030202_20345682.jpg

◎月岡芳年(つきおか よしとし)「百器夜行」
◆「百鬼」ならぬ百「器」夜行。
文字通り器物の妖怪を描いています。




江戸時代からの「妖怪」の絵は、浮世絵や墨絵で描かれていてとても繊細に表現されていました。
おどろおどろしい...と言うよりも、庶民の生活に根付いた温かみを感じ、どこかユーモラスな描写に親近感さえ覚えました。
ご存知、水木しげる先生の『妖怪』の原画の緻密さに驚きました! 近くで観ると本当に素晴らしい!
しかし、、、現代アートとなると、どうも生理的に合わない!^^;
グロテスクというかぁ、リアルというかぁ... オレが普段求めてる『美しさ』からは かなり乖離してる^^;

とはいえ、一時間半 ゆっくり鑑賞に浸りました。


海水浴シーズンを外して、もう一度来たいと思いました。
今度は イタリアン! 賞味するぞ!(*゚▽゚*)
[PR]

by h_e_r_om | 2013-08-07 21:10 | アート | Comments(6)
Commented by to-y_niya at 2013-08-07 22:53
最近「美術館」ってちょっと(?)興味あったりします^^
なかなか機会がなくて行けないけど。。。行きたくなる写真達です^^
>この建物と周辺の景色を観たかったのが そもそもの目的でした。
この感じ、同感☆って感じました^^
Commented by rin-koko at 2013-08-08 13:09
こんにちは~♪
目の前に東京湾が見えるなんていいですね。
周りに緑がいっぱいの建物も素晴らしいです。
うんうん、この建物とこの光景は見に行く価値ありですね~(^ー^* )♪
Commented by Sippo5655 at 2013-08-08 21:17
素敵な環境に、、
こんな美術館があるのですね!
週刊新潮の絵はとても印象的ですよね。
ラスト・・・たまらない癒しと郷愁を感じました(*´∀`*)
Commented by h_e_r_om at 2013-08-10 21:21
☆ niyaさんへ
ありがとうございます♪
美術館というと、ちょいと敷居が高いのですがぁ...^^
建物の斬新なデザインだけじゃなく、周りの自然環境に溶け込んでいるところに
魅力を感じるヒロです^^
わかってもらえると うれしいなぁ~^^
Commented by h_e_r_om at 2013-08-10 21:21
☆ 凜さんへ
ありがとうございます♪
少し高台の位置から眺められる海は とても美しい景色です♪
この素晴らしいロケーションに包まれて観るアートは... 
どことなくアカデミックな自分になれた と勘違いしたかも^^;
Commented by h_e_r_om at 2013-08-10 21:21
☆ Sippoさんへ
ありがとうございます♪
巷で話題になっていたたけのことはあるなぁと思いました! この美術館。
谷内六郎の画風も憧れますぅ。。
是非、一度訪ねてみてください^^


<< 酷残暑*      観音崎灯台 i >>