<   2009年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2009年 10月 26日

三回忌をまえに...

秋という季節、体感的には心地よく好きな季節です。
朝晩のひんやりした晩秋は もっと好きです。
そんな好きな季節にあって、寂しさも感じてくるのも この秋という季節。。。

亡くなった妻が病気で一番辛かった時季も 秋です。
抗がん剤治療が進むにつれ、その痛みと孤独な戦いをしていたことを思うと
何にも力になれなかった自分の不甲斐なさが心を締め付けます。
その申し訳ない気持ちは 二年になろうとしている今も変わりません。
もうすぐ十二月九日の三回忌を迎えようとしています。

亡くなって葬儀を終え、お墓もすぐに...と思っておりましたが。。

四十九日が過ぎ、新盆を迎え、そして一周忌と。。
時間だけが経って、なかなか実現できませんでした。


お墓は どうしたらよいか...
最初に悩んだのは、墓石が必要だろうかということでした。
二人には子供がいないので、お墓を継ぐという形がとれません。
通常の墓地・墓苑にお墓を建てることは ゆくゆくは無縁となってしまいます。
ですから一番の条件として、『永代供養』をしてもらえるところ。
次に場所は近いところがいいだろうか?
環境が良くて静かなところがいいだろうか?
ネットで調べたり、新聞の折込チラシを見たり
説明パンフレットを取り寄せたり、いろいろと検討はしてみました。

いくつか手ごろで静かな場所、宗派は問わないというものがあったのですが
今持っている戒名は使えないので新たに授けるということでした。
しかし、一度つけた戒名ですし、魂を入れたものですから
新たに授けられるというものに自分としては何か引っかかるものがあり
断念した経緯もあります。

そうこうしている今年の夏
新聞の折込広告に目が留まりました。

町屋駅より徒歩1分
室内墓所
永代使用・永代供養
宗教・宗派は問わず
戒名もそのまま使える

これらの条件は 自分にとっては満足いくものでした。

目に留まった一番の理由は
『町屋』という地名です。
結婚当初、妻はよく口にしていた地名で、
「小さい頃から町屋が好きで憧れたのよぉ。。」
その言葉が蘇りました。
我が亀有より三つ目の駅。近~い!
ほぼこの時点で ここに決めました。

数日後、予約を入れて見てきました。

この室内墓所は、5階建てで参拝室が8ブースあります。
各ブースは、曇りガラスのパーティションで仕切られています。
参拝するにあたっては、登録カードをかざすと指定された遺骨が内蔵された黒御影墓石が現れます。
(この墓石の銘板に家紋や家名などを彫ります。)
自分は○○家と戒名と命日を彫ってもらいました。

そして8月末に契約をして代金も振り込みました。
一ヶ月後、銘板の制作完了の知らせを受け

10月22日、 無事、納骨法要を終えました。


懸案だったお墓もできて ほっとしました。
三回忌までに間に合って、よかったぁ~と実感しています。
話題が話題だけに、ブログなどで公開するのは いかがなものかとも思いましたが
自分の気持ちの整理と妻とのMEMORIESにと、記してみました。


みなさんはお墓どうされますか?
すいません、縁起でもない話題を振って。。
家の事情、土地柄、宗派の違いなど
さまざまな状況で その条件も変わっていくことでしょう。
最近は「お墓を継ぐ」ということに固執しない風潮もあるようです。
むしろ、個人の墓を合同で供養する傾向が強いと聞きます。


長々と走り書きになってしまいましたが
読んで下さって、ありがとうございました。



こんな感じです。
[PR]

by h_e_r_om | 2009-10-26 17:51 | MEMORIES | Comments(10)
2009年 10月 19日

陽を浴びた薄紅色のぶどう

いつも自然体で 素敵なお写真を紹介している
blog: 『 薄紅色の花 』のmizukiさん。
今回は "薄紅色の葡萄" というタイトルのお写真を絵に興してみました。
この葡萄のお写真は 二年ほど前に拝見して ひと目惚れした一枚です♪>>お写真はこちら

f0030202_15555425.jpg

が、しかしながら、描いた絵ときたら...
お写真の葡萄にはほど遠く 色合いも雰囲気も ダメですねぇ~ "(/へ\*)"))
お写真に チト失礼だったかもしれません!(´o`)ゞ
それ以前に 自分としてのハードルが高すぎました! !^^;

これでも 3時間かかった絵だし 季節的にもギリギリだしなぁ と思い
せっかくなので UPした次第ですぅ~ (笑)

少しPC画面から離れて見ていただけると それらしく見えるかもぉ~(=´ー`)ノ



mizukiさん、お写真お借りして ありがとうございました。
・・・こんな絵で申し訳ない!<(_ _)>
[PR]

by h_e_r_om | 2009-10-19 15:59 | 絵・絵手紙・イラスト | Comments(18)
2009年 10月 16日

迎賓館赤坂離宮が国宝へ。。

今日、ラジオで『 迎賓館赤坂離宮 』が築後100年で 国宝に。というニュースを聞いて、
以前写真に撮ったことを思い出して、ブログに載せてみました^^
明治以降の現代建築で国宝指定は初めてだそうです。
f0030202_22523590.jpg
(2005.10撮影)

<<関連情報として>>
天皇陛下御在位20年記念迎賓館赤坂離宮前庭公開

迎賓館赤坂離宮では、天皇陛下御在位20年を記念し、11月26日(木)から28日(土)までの3日間、前庭を一般公開するようです。ただし、建物内には入れないみたい^^;
26日は休みだなぁ。。。
天気が良かったら、行ってみようかな(^o^)b
[PR]

by h_e_r_om | 2009-10-16 22:59
2009年 10月 08日

芭蕉庵史跡展望庭園

風色や しどろに植ゑし 庭の秋 ~ 芭蕉 ~
f0030202_11292864.jpg


松尾芭蕉ゆかりの地は 全国各地にあると思いますが
ここ東京下町にも いくつかの施設があります。
芭蕉記念館もその一つですが、その分館の『芭蕉庵史跡展望庭園』を紹介します。

小名木川が隅田川に流れ込む角地。 
隅田川沿いの遊歩道が整備されていて、ちょっと小高いところに ひっそりとあります^^
芭蕉像は隅田川と下流の清洲橋を眺めるように坐しています。

More
[PR]

by h_e_r_om | 2009-10-08 12:33 | 下町散歩 | Comments(17)
2009年 10月 05日

清澄庭園(きよすみていえん)

ちょっと大きめのオアシス(^o^)
f0030202_10533479.jpg

東京都 江東区にある清澄庭園(きよすみていえん)
大きな池のある日本庭園。
この庭園も隅田川の側にあります。

『本園は、初め江戸の豪商紀ノ国屋文左衛門の別邸であったといわれ
その後、諸大名等の下屋敷として用いられてきましたが、明治十二年に至って岩崎家の所有するところとなり
同二十四年和洋両館を含む大庭園となりました。』
と入場券の裏に書かれてました^^
300円也!


マイ・フォトブログの
photto motto ★ always に
「清澄庭園」の雰囲気を伝えた写真も載せております。
ごいっしょにそちらも覘いてみてくださいo(*^▽^*)o~♪


More
[PR]

by h_e_r_om | 2009-10-05 11:48 | 下町散歩 | Comments(12)
2009年 10月 01日

ポーチュラカ*

f0030202_21175970.jpg


ポップな色合いの 可愛い花ですよね♪

まだ 綺麗に咲いているのを見かけます。

かなり古い絵で恐縮です<(._.)>
[PR]

by h_e_r_om | 2009-10-01 21:23 | | Comments(10)
2009年 10月 01日

だるまさんが転んにゃ(>@.@<)


先日、TVをザッピングしてたら 見覚えのあるネコの映像が流れていて.....




YouTube のお気に入りを保存していたものでした。

いつかブログで紹介しようと思っていました!

撮影者の意図どおりの動きをしてくれるネコちゃん!

最後に足が ちょこっと動いてしまったところは なんとも微笑ましくて

思わず笑ってしまいましたぁ~\(^0^)/

癒されるよねぇ~♪

スイマセン 使いまわしで<(._.)>
[PR]

by h_e_r_om | 2009-10-01 11:23 | お気に入り* | Comments(6)