2011年 03月 20日

撮るを 撮る!('∇^d)

紳士がケータイで撮っていた。
f0030202_20372329.jpg


それを 撮ってみた。




***********************************************************

地震の当日、二時間あまりの時間をかけて、勤め先から歩いて帰宅した。
きっと部屋の中は散乱しているであろうと、半ば諦めていた。
買ったばかりのテレビが倒れていないか、それが一番心配だった。

部屋の灯りをつけたら、あまり被害がない。。。
テレビも無事。
カーペットの床に散乱していたのは、書棚に収めてあったCDとMD。

それと、
妻の位牌だった。
サイドボードの上に小さな家具調仏壇を置いてある。
仏壇の一番奥にあった位牌が、仏壇から飛び出し、尚且つ、サイドボードから落ちて
1メートルほど飛んで床に落ちていた。こんなとこまで転げ落ちたのか!?

...でも、すぐにオレは納得した。
位牌を拾い上げて、手で撫ぜながら
「怖かったんだね。怖かったから こんなところまで飛び出したんだね。」
「ごめんな一人にして... ほんと ごめんなぁ。」

生前ちょっとした揺れにも敏感で、地震が大嫌いな妻のことを思うと 
そう思わずにはいられませんでした。
魂も怖かった大地震だったんだね。


***********************************************************
[PR]

by h_e_r_om | 2011-03-20 20:49 | 下町散歩 | Comments(4)
Commented by m-kotsubu at 2011-03-21 00:14
こんばんは~♪
梅の花を撮る紳士・・それを撮るヒロさん♪
想像するとちょっと楽しくなります。
奥様・・ヒロさんが帰ってきてくれて きっと安心しましたね・・。
なんだかじーんとしちゃいました・・。
Commented by h_e_r_om at 2011-03-21 20:50
★ m-kotsubuさま
ありがとうございます♪
橋の上で試行錯誤していた紳士。
「じゃ、オレが撮ってあげる」(^o^)v
おもしろい絵が撮れました^^
妻の気持ちを思うと、切なかったです(-.-)
Commented by saeko2007 at 2011-03-21 22:22
こんばんは。
ヒロさんも徒歩で帰宅されたのですね。
うちも書棚(扉もない簡単なつくり)から、書籍類が落ちて床に散乱しておりました((+_+))
あの地震のときに、私も一人で家にいたらとても怖かったと思います。
奥様も、ヒロさんが無事に戻ってきてくれてほっとされたことでしょう。
もうこれ以上の余震がないことを願いたいです。
Commented by h_e_r_om at 2011-03-22 23:30
★ saekoさま
ありがとうございます♪
帰宅の足が無くなった日、帰路の国道4号線(日光街道)はすごい人でした!
非常持ち出し袋を背負ったひと、ヘルメットを"手"にもったOL^^。。色んな人が歩いていました。
自分の場合たかが7~8㌔の距離なので少し長めのウォーキングって感じでした^^
いま、ウチに居る時に地震に遭ったら、入口のドアを開ける。ベランダのサッシを開ける。
傾いて開かなくなるのを防ぐためです。もちろん身の安全の確保は言うまでもありませんが。
一人だと誰しもが不安になるでしょうねぇ...


<< オレが送る被災地 復興応援ソング♪      ピンキーな春の詩 ~ 亀戸天... >>